芸術工学部・芸術工学府 国際交流情報ポータルサイト

GEIKO GLOBAL 国際交流ポータルは、芸術工学部・芸術工学府が推進しているグローバリゼーションの一環として、海外からの留学生、そして本学から海外の大学への交換留学を希望する学生の皆さんをサポートするポータルサイトです。

九州大学生

International Students

留学レポート

フィンランド アールト大学での留学生活 2015-2016

留学先:アールト大学
留学期間:2015年9月〜2016年8月
留学開始時の所属・学年:大学院デザインストラテジー専攻 ストラテジックアーキテクト講座 修士課程2年

アールト大学には自分よりはるかにデキる人、経験豊富な人、なんでもできる人たちとの衝撃的な出会いがあります。社会人学生、妊婦さん学生、定年後のおばあちゃん学生等、学生たちは多様性にあふれています。さらに授業では、頻繁に他学部や企業とコラボします。授業形式は座学よりプロジェクト重視で、実際に作る、町で実践する、ということが珍しくありません。

授業への取り組み方も違います。まず全てにおいて民主的で、授業の進め方について教授と議論を交わすことは日常です。次に、「できる範囲のベストを尽くせばよい」という考え方を持っており、個人を尊重します。わたしのグループにいた学生は乳児の父親でもありました。そのためほとんど作業に参加できませんでしたが、他のメンバーと同じ仕事量を求められることはありませんでした。彼は彼のベストを尽くし、無事、プロジェクトは成功しました。

授業だけではありません。フィンランドは町のいたるところにデザインが行き届いており、町を歩くだけでも学びがあります。フィンランドのデザインはシンプルで使いやすく、好感がもてました。市民全体で、デザインの価値が共有できているのかもしれません。

生活のことも少し述べておきます。フィンランドの人々は自然をとても愛しています。ハイキング、ベリーやキノコ摘み、焚き火、サウナ、川遊び、これが特別なイベントではなく日常にあります。また、住んではじめて、福祉大国と称されるだけの、人々の思考の違いに気づかされます。働けない人(働かない人も)の生活保障、出産前後〜育児まで一貫したサポート、無償の教育…その根幹にあるのは、フィンランドの人々がもつ「幸福のシェア」という考え方だと思います。そして、「全員に同じ量」では無意味なことを知っていて、足りないところに足りない分を補充することこそ「平等」という認識があるのだと思います。

めまぐるしく変化する世の中です。今のフィンランドを見ておくことをぜひお勧めします。

丸尾 響子(まるお きょうこ)

写真1:1年間最後の学生主催「作品展示会」。学生の一人が作った作品で遊んでいるところ。顔を認識して、勝手にラクガキされます。

写真2:お疲れ様パーティーの様子。校内でスナック持ち寄りで開催。スペイン人の男の子がベリーケーキを焼いてくれました!

写真3:九州大学のメンバーのお別れ会。前から2列目、右から3番目が筆者

フランス パリでの留学生活 2019-20

留学レポート

Read

ドイツ ダルムシュタットでの留学生活 2019-20

留学レポート

Read

ドイツ カールスルーエでの留学生活 2019-20

留学レポート

Read

ドイツ カールスルーエでの留学生活 2019-20

留学レポート

Read

ドイツ カールスルーエでの留学生活 2019-20

留学レポート

Read

フィンランド ヘルシンキでの留学生活 2018-19

留学レポート

Read

ドイツ カールスルーエでの留学生活 2018-19

留学レポート

Read

イタリア ミラノでの留学生活 2018-19

留学レポート

Read

イタリア・ミラノでの留学生活2016-17

留学レポート

Read

オランダ・アムステルダムでの留学生活2016-17

留学レポート

Read

フランス・ベルフォールでの留学生活2016-17

留学レポート

Read

ドイツ・ケルンでの留学生活 2015-16

留学レポート

Read

ドイツ・ダルムシュタットの学生生活2015-16

留学レポート

Read

スウェーデン・スウェーデンでの留学生活2015-16

留学レポート

Read

フィンランド アールト大学での留学生活2015

留学レポート

Read

フィンランド・アールト大学での留学生活2015

留学レポート

Read

ドイツ・ケルンでの留学生活2013-14

留学レポート

Read

ドイツ・ダルムシュタットの学生生活2011-12

留学レポート

Read